« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

モヒカン

(* >ω<)=3 プー やっちゃいました。モヒカン!

モヒカンと言っても いろんなバリエーションがあるので とりあえず修正が利きそうなタイプに・・・ まだマズルの周りの毛も短いし、未完成ですが。。。

Img_8721_1

Img_8726_1

これなら 真ん中を短くしちゃえば 普通のベアーカットになるし。。。

でも、やっぱり おかしい(笑)

カットしている時も だんだん「おぼっちゃまくん」はたまた「ウルトラマン」に見えてきてしまって、クスクス笑ってしまった。トムは不思議そうな顔をしてました。
そりゃそうよね。私だって もし鏡を見せられずに美容師さんがクスクス笑いながら自分の髪の毛をカットしてたら 不思議だもの。ってゆうか、嫌だもの。

これから徐々にモヒカン部分の毛を伸ばしていこうと思います。3月くらいには完成するかしら?

ヘンテコですが、私にとっては 面白かわいいトムです。

完成形モヒカントムをお楽しみに!

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月)

セブ島へ行ってきました☆

年中無休のボスが「もうそろそろ燃料補給の旅に出たいと」申しまして、ドイツで十分燃料補給をしたばかりの私ですが 便乗して一緒にセブ島へ行ってきました!

クリスマスシーズンのドイツとは正反対の暑い南の国へ!

治安や道路などの整備状況など生活水準を比べると何とも言えないのですが スイスとは正反対に物価が安い!
ドイツへの往復航空券の半分の金額で セブへのチケットとホテル代金がまかなえてしまいます。
これまた、安心して食べられるかどうかの差はありますが、スイスではパン1個を買えるか買えないかのお金で、セブではお腹いっぱい食べて飲めてしまう。

今回の旅も良かったです☆☆☆

青い空と青い海♪

Img_8416_1

Img_8605_1

当たりだったリゾートホテル♪

Img_8614_1

美味しい食べ物と飲み物♪

Img_8435_1

子供達の笑顔♪

Img_8463_1

また、沢山いろんなものを見ることができて、いろんなことを感じた旅になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その間 うちのワンコ達は知り合いの信頼できるブリーダーさんにお願いし、トムは以前から気になっていた成田空港直結のペットホテルへ!

朝晩お散歩してもらい、昼間はドックランで遊んでもらい、普段私達と生活しているより構ってもらえてトムとしても充実していたらしいです。

とても丁寧な対応をしていただき大満足☆
預ける時も 普段の食事やトイレ、性格など細かく聞いてもらい、お世話してくれるのがプロの人だとわかっていて、トムも特別他の犬と違った行動を取るわけでもないにも関わらず、”もっとトムのこと伝えたい!”って思うものです。
”こんな仕草の時は こうしてあげてほしい”とか、預けた後も”ああ、あれも伝えればよかった・・・”とか、「あんた何時間あっても足りないよ!」って言われそうなくらい(笑)

結局そんな飼い主の心配は無駄だったようで、迎えに行くと「排便も状態も良く1日3回、ご飯もすぐに残さず食べ、他のワンコ達とも喧嘩することなく仲良く遊んでいました」とのこと。
これを聞くと、ホッとするものです。
”よくやったぞ!トム!”と褒めてあげました。

でも一つ悔やんだこと。

トムは体のカットはしてなかったのですが、シャンプーや顔周りと足回りのカット、爪切りなどは今月になってからしたので、帰ってきてからトリミングするつもりでいました。
預ける前の日も 念入りにブラッシングをしていました。
しかし、久々に会ったトムはわずか4日ぶりだったにも関わらず ボサボサ
一瞬、トムじゃないかと思った(笑)
いつも見ているとボサボサになってきていることがわかりにくいのよね。
いっそのことトリミングも一緒にお願いしておけば良かった。。。後悔。。。

Img_8691_1

他のワンコ達も 大好きなブリーダーさんにお世話してもらい、特に変わった様子もなく過ごしていたようで何より♪

ご存知の通り我が家はワンコ達がいるため なかなか二人揃って休日が取れません。でも今回、沢山の方に協力してもらい、お陰で楽しい休日を過ごすことができました。
ほんと、感謝です。<m(^_^)m>

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

スイス・ドイツ10 ~フランクフルト~

日本への帰りの飛行機はフランクフルト空港発だったので、チェックインの時間まで フランクフルトを散策。

中央駅はヨーロッパ屈指の巨大駅とあって、上下、左右に広くて さすがに迷いました。軽く疲れてしまった。。。

Img_7812_1

ここもまた、クリスマス一色でした。

Img_7815_1

☆大聖堂☆

Img_7823_1

13~15世紀にかけてバロック様式で建立された教会。
戦争や火災の被害にあい、何度も修復されました。

この教会にも 祭壇や宗教的美術品が飾られていました。

Img_7828_1

Img_7826_1

宗教的美術品は その宗教のことを知らなくても 色使いや彫刻の細やかさに感動してしまう。その宗教のこと、時代背景などを もっと良く知っていたら2倍も3倍も楽しめるんだろうな~と感じます。学生時代に美術の授業で キリストやマリアに関係する芸術品について講義を受けて、確かに「へぇ~面白いな~」と思ったものの、本の写真だけじゃ そこで興味は止まってしまい、、、もう少し勉強しておけば、今頃、旅をもっと楽しめただろうな~と後悔してます。

英語も、歴史も、地理も、もっと勉強しておけば良かったよ。

☆クリスマスマーケット☆

またまた クリスマスマーケットです。

木組みの館が残る レーマー広場あたりがフランクフルトでは有名。

Img_7820_1

↓ディズニーランドにありそうなお店。見ているだけで楽しい♪

Img_7818_1

「そんなにクリスマスマーケットが好きか!」と突っ込まれそうですが、、、「好きです!」ってゆうか、「今回、好きになりました!」

当初はこんなにクリスマスマーケットを巡る予定ではなかったんです・・・

行く前は”12月初めなんてオフシーズンで中途半端な時期かな~”と思っていたものの、行ってからは”この時期にドイツを訪れて ほんとうに良かった”と思える。
買い物ももちろん楽しいのですが、クリスマスマーケットだけではなく街中の雰囲気が最高です!

華やかでありながらも、落ち着いていて、下品な騒がしさではありません。
国中がクリスマスを楽しんでいるっていうのが、ヒシヒシと伝わってきます。

『グリューワイン』

Img_7832_1

素焼きのカップに入っていて 取っ手がないので正直熱かった・・・;^ 。^;

でも、おとぎ話に出てきそうな大きな鍋で沸かされているワインは 想像通り美味しい♪

Cimg1392_1

『フランクフルトと言えば・・・』

ベタですが、フランクフルトでは フランクフルトソーセージを食べなければ!(笑)

Img_7833_1_1 

どうも、私と同じ考えの日本人は沢山いるらしく、お店の人も片言の日本語ぽい発音で「フランクフルト!フランクフルト!ソーセージ!ソーセージ!」と笑って話しかけてくれた。
自分からギャグっておきながら、微妙に恥ずかしくなった・・・笑

☆日本へ帰国☆

何事もなく 美味しいものばかり食べて、楽しい思い出と沢山の写真が残り、お土産を沢山抱えて、無事日本へ帰国。

Img_7841_1_1 

Img_8037_1

クリスマスマーケットで ちょこちょこ買い集めたオーナメントは 1個1個はかわいいのですが、統一感がなくなっちゃいました。。。

Img_8048_1

”とりあえず買ってきたもの飾ってみました!”って感じになってしまったので、今年はもっと上手く飾りつけしよう!

そして、ドイツやスイスで目にした 落ち着いた大人のクリスマスを目指すのだ!

【ドイツ・スイスの旅 完】

| | コメント (2)

2007年1月21日 (日)

スイス・ドイツ9 ~ハイデルベルク~

☆ヒルシュホルン☆

はるちゃんの家を後にして、ドイツの最後の夜のホテルは古城ホテルのヒルシュホルン

13世紀に建設された中世の城を改造した 古城街道で人気ナンバーワンと言われるホテル。16世紀建造の本館には8室しか部屋がありません。

古い落ち着いた雰囲気を残しつつも 清潔感のあるホテルでした。

Img_7747_1

ここも どうでしょう班が「ヨーロッパ21カ国完全制覇」の旅で泊まったホテル。
ってこともあり、泊まってみたかったホテルです。

Img_7745_1

廊下や階段は古城らしい雰囲気

Img_7762_1

部屋の中は広めで 普通のホテルよりはちょっと豪華め。

Img_7725_1

部屋からはネッカー川が流れる景色

Img_7758_1

泊まった日はホテルのレストランがお休みだったため 夕飯は街の家庭的なレストランへ

ワインは美味しくてお土産にも買ってきた フランケンワイン

Img_7734_1

Img_7732_1_1

Img_7735_1

Img_7736_1_1

Img_7739_1 

美味しくて、居心地も良くて、だんだんドイツの食で大きくなり始めた胃袋も手伝い、デザートに大きなワッフルまで食べてしまった。。。

Img_7738_1

店内は家にいるようなクリスマスの飾りつけがされていて温かい雰囲気、
こじんまりとしていながらもメニュー豊富で 夫婦で経営していて 近所の人が集まるようなアットホームなレストラン。
お陰で、素敵なドイツ最後の夜を過ごすことができました。

☆ハイデルベルク☆

ドイツ最古の大学があり ここもまた中世の街並みが残る素敵な街。
古城街道の西端にあるニュルンベルクに対して、ハイデルベルクは古城街道の東端にある町。

『ハイデルベルク城』

旧市街を見下ろすように建っているお城

Img_7771_1

13世紀に建てられ、その後 ゴシックルネッサンスなど時代ごとに改築や増築が行われたため複雑な構造をしていて、戦争で火事になり廃墟のままの部分もある歴史を感じるお城でした。

Img_7781_1

Img_7782_1

Img_7791_1

天空の城ラピュタとかジブリに出てきそうな 廃墟。。。
何とも言えない独特の雰囲気。

Img_7787_1

お城からの景色は レンガ色の街並みを眺めることができる。
ヨーロッパって感じの景色よね。

Img_7777_1

『クリスマスマーケット』

ハイデルベルクでも また クリスマスマーケット。

Img_7796_1

ここのマーケットの屋根は凝っていて かわいかった☆

Img_7794_1

店の数に対して、他の街よりも職人さんの手作りの物を売っているお店が多かった気がします。

Img_7793_1

ここでは グリューワインの代わりに ルムンバを飲みました。
ココアにラム酒、ホイップクリームがのっかってる。

Img_7798_1

美味しい!

これにのっているホイップクリーム
ムースの缶のようなものでトッピングしていました。
実はここで使われていたホイップクリームの缶は デュッセルドルフのスーパーで見かけて気になっていた缶でした。
”クリームがそのまま噴射されるなかな~?買ってみようかな~”と迷っていたのですが、実態がはっきりとせず、甘いものが嫌いなはるちゃんに聞いてもわかるはずもなく、買うのをやめたものでした。
でもここで、”これ、やっぱりホイップクリームだったんだ!”と確信し、とても欲しくなり結局 日本に帰ってきてからスーパーで見つけました。
ってゆうか、日本にも売ってたのね、知らなかった~

Img_7967_1

コーヒーにたっぷり浮かべたり、食パン一面に塗ったりできて、幸せ気分です♪

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

目が開いて・・・

トムやワンコ達のブログのはずなのに、
自分の旅行や焼酎の話ばかり書いて すっかり更新のタイミングを失っていましたが、
去年の暮、ドタバタしている中 12月28日にジョリーが赤ちゃんを産みました!

雄2頭、雌1頭の3頭兄妹です。

Pict4227_1_1 

この写真(↑)は まだ断尾もしていない生後1日の写真。

あれから 早20日。

すくすくと育ち体重も2~3倍に増え、目も開きました。

Img_8320_1_1 

ジョリーに似て小顔の美人さんです。

目が開いたばかりの赤ちゃんの目って、カメラでフラッシュをたいても赤目にならないのです。目の組織がまだ生成途中なのね、きっと。

ジョリーは毎日、毎日、ひたすらミルクをあげてます。

Img_8333_1_2   

生まれたばかりの時は、トイレを済ませると 仔犬が心配でサッサとクレートに戻っていたジョリー。
敵に居場所を知られないようにする為に、とか、仔犬へのばい菌が感染するのを防ぐ為に、母犬はよっぽどのことがない限り仔犬から離れて排泄をしようとします。
だから、トイレの時は仔犬から離れますが、それ以外は一時も仔犬から離れようとしなかったのです。

さすがに、最近は子育てに飽きたのか、安心してきたのか、クレートの外に出ている時間も徐々に長くなってきました。

Img_8305_1

たとえば、一生懸命 仔犬がおっぱいを吸っていてる時に、ジョリーお気に入りのたまごちゃんを見せてみる・・・

Img_8336_1

おっぱいに吸い付く仔犬をぶら下げたまま、たまごちゃんをもらいに来るようになった。

ちょっと、前まではおもちゃなんて そっちのけだったのに。。。

こうして、徐々に子離れしていくものなのね。(=^_^=)

| | コメント (0)

フランダースの犬

お正月にテレビのリモコンをカチャカチャしていたら偶然、『フランダースの犬』の最終回が放送されていました。

思わず手を止めて、見入ってしまった。。。

Jacb01_1

最終回の後半15分しか観ていないのに 号泣 (;>_<;)

不思議です。フランダースの犬を最初から最後まで見たことは一度もないのに、あのルーベンスの絵の前でネロとパトラッシュが眠る場面だけ見ても泣ける。

でも、号泣しながらも、ふと疑問に思った。

「パトラッシュって何犬なんだろう?」

立ち耳で、ふさふさの胸毛、ネロよりも小さい・・・???

こういった名作に出てくる犬って 何気に血統書付きの犬が多い。

『名犬ジョリー』は グレートピレニーズだし

Img_8262_1_1

『アルプスの少女ハイジ』『ベートーベン』は セントバーナード

Img_8264_1

『オズの魔法使い』で一緒に旅をしたトトは ケアーンテリア

Img_8263_1_1

それならば 『フランダースの犬』も 血統書付きの犬のはず!

と思って、調べてみました。
(調べると このことについて述べたページがいくつも検索で引っかかったので有名な話なのかもしれませんが、私は知らなかった・・・)

正体は・・・なんと ブービエ・デ・フランダース!!

あのグレーの、モジャモジャ毛の犬!

フランダース地方で荷物を運んだりする労働犬として使われていた犬です。

目や耳がどこにあるかわからなくて、標準的な体系なのに肥満?って思ってしまう、がっしりした体型。奇妙で愛嬌があるので、印象的な犬です。

Img_8265_1_1

どうやら、アニメにする時に子供が親しみやすい犬にするためにキャラクターチェンジをしたらしいです。たしかに、このままじゃ、子供は恐がってしまうかも・・・
今ですら、どんなに穏やかなラブラドールのような犬種でも 黒い毛でちょっと大きめの犬は”強くて恐い犬=番犬”って思う人がいるくらいだし。。。
それが アニメが作られた30年も前だったら、確実に「黒い犬=恐い」って思う人が多かっただろう。

でも、そのチェンジしたキャラクターがセントバーナードだと言うのだから、もっとビックリ!

セントバーナードってハイジに出てきた犬よ!あれなら セントバーナードってわかる。

でもフランダースの犬は、、、、立ち耳だし、子供よりも小さいし・・・

セントバーナードなのは胸毛がフサフサなのと色合いだけじゃない!

このキャラクターを考えた人は 犬にうとい人で、雑種を飼っていた近所の人に
「うちの子 セントバーナードなの♪」なんて騙されたに違いない。

そうとしか考えられない!

納得がいかないまま、この問題は解決しました。

そして、ボスに「アニメのフランダースの犬って何犬か知ってる?」って聞いてみた。

あっさりと、「セントバーナードでしょ?」と答えました。

「えーーーーーっ!!なんでわかったの?だって、あれ立ち耳じゃん」と言うと

「えっ?たれ耳じゃなかった?」と・・・ボスの記憶って いったい・・・・

うるおぼ絵を描かせたら 草なぎ剛よりも面白い絵を描いてくれるんじゃないだろうか?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、これを調べていて知ったショッキングな事実、、、

実はハイジに登場していたセントバーナードのヨーゼフは原作にはなかった存在。

これはアニメにする時に”スイスと言えばセントバーナードだろ!”ってことで後付けされたんですって!ショック!

なんだか、『トレビアの泉』で紹介されていそうな事実だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビつながりで、もう一つ。

先週の日曜に放送されていたTOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』「ダメ犬克服大作戦」というコーナーがあったため録画して観てみました。

ひっぱりぐせがある犬や 恐がりな犬を直してあげよう!という企画です。

こういう犬のしつけをする企画のテレビ番組は好きなので良く観ますが、毎度毎度 気になる所がある。それは、題名。「ダメ犬克服大作戦」”ダメ犬”の部分です。

今回、登場していたゴールデンレトリーバーの問題行動は
「ペットボトルを拾う」「散歩中に池に入ってしまう」「ひっぱりぐせがある」などでした。
でも、本来 レトリーバーとは ご主人様が銃で撃ち落した鳥や獣をたとえ落ちた場所が水の中であろうと、拾って銜えて持ってくるように創られた犬。
だから、ペットボトルを拾ったり、池に入ったりするのは ほんとうは褒められるべき行為。
レトリーバーとしては 合格の犬のはず。
ただ飼い主さんが ちゃんと自分達の生活環境に合った過ごし方を教えていなかっただけ。
なのに「ダメ犬」って・・・

散歩嫌いで 犬慣れしていなくて「ダメ犬」呼ばわれしていた イタリアングレーハウンドだって、あれはたぶん(いや絶対)飼い主が散歩に連れて行ってないからだと思う。
もちろん もともと散歩嫌いの犬はいるけど、たった2週間で散歩嫌いを克服していたんだもの、真の”散歩嫌い”なら2週間経ったって 散歩嫌いのままだと思うのです。
なのに「ダメ犬」って・・・

題名をダメ犬克服大作戦」ではなくて ダメ飼い主克服大作戦」に変更するべき!

自分も人に言えるほど立派な犬のしつけをできるわけではないので、「ダメ飼い主」の一人ですが、でも、でも、何の罪も無い頭の良い犬が「ダメ犬」と呼ばれるのは気の毒でならない。

そう思うのです。

ねっ?トム?

Tom_101_1

うん?もちろんボクはダメ犬じゃないっすよ。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

焼酎天国♪

昨日は友達と新年会♪ 

新年会とは名ばかりで 友達のあゆと二人っきりで飲みに行っただけ。
この時期に飲みに行く時は「新年会」、12月に飲みに行く時は「忘年会」
「新年会」や「忘年会」と言うと ただ「飲みに行く」ってよりも後ろめたさがない気がする(たぶん、気のせいだけど・・・笑)

場所は以前行ったことがあって、「また、行きたいね~」と話していた四ツ谷にあるお店。

Img_8275_1

このお店は焼酎の品揃え500種類
焼酎って500種類もあったんだーって感じです。(目がキラキラ☆)

カウンターにずらりと並ぶ焼酎。

Img_8273_1

目の前は焼酎だらけ

Img_8271_1

焼酎好きには なんとも嬉しくなる光景です。

しかも1杯 600円均一!

焼酎の値段が高くなるにつれて、グラスが小さくなる仕組み。
だから普段飲めないような高価な焼酎も安心して、味見程度に飲むことができます。

お料理も九州の郷土料理が揃っていて美味しい♪

細切りのさつまいもを揚げた この店名物の”芋カリ”は はちみつバター、マヨネーズ、ケチャップ、チョコ、、、と味付けを選べて、これまた美味しい♪

Img_8269_1

この日、飲んだのは、黒伊佐錦、伍代、愛子、桜島。。。
黒伊佐錦、初めて飲みましたが美味しかった~

美味しいけど、これだけ飲むと二日酔いは覚悟しなければならない・・・
しかし、今回はこれ(↓)で助かりました!

Img_8285_1

ドイツで購入した 二日酔い止め 『Alka-Seltzer』

水に溶かして飲む錠剤。
駄菓子屋で売っている水に溶かして飲む粉ジュースの味がする。。。
はるちゃんの勧めで買ってきましたが、ドイツ旅行から帰ってきてからはバタバタしていて二日酔いになるほど呑めなかったので、今回、初体験☆

効果てきめん!

昨日は楽しく、良いペースで呑めたせいもあるけど 今日はすこぶる調子が良い!!

すごいぞ!Alka-Seltzer!

| | コメント (2)

スイス・ドイツ8 ~ケルン~

ケルンデュッセルドルフから50km離れた場所にあるライン川沿いの街です。

ケルンには今回の旅行で訪れてみたかった名所の一つ ケルン大聖堂があります。

☆ケルン大聖堂☆

世界遺産に登録されている ドイツで2番目に大きな教会。
ケルン駅を出ると 目の前に いきなり高さ157mの大きな2つの塔が現れる!
迫力大です!
そして、外壁の彫刻がまたすばらしい!
途中200年ほど建設中断の時期があったとはいえ、完成するまでに600年かかったというのも納得。

Img_7670_1

Img_7711_1

Img_7672_1

教会の内部も 大きなステンドグラス、モザイク床、いくつもの祭壇、宗教的美術品が飾られていて、素敵☆ かなりのボリューム。

Img_7682_1

Img_7685_1

Img_7680_1

そして、この塔には登ることもできます。
登れますが、その階段の数は500段・・・
途中までは自分が今どのくらいの高さにいるかわからない 狭いらせん階段なのですが、半分を過ぎたあたりから鉄格子に囲まれて周りが丸見えの階段に切り替わる。

Cimg1326_1

すると・・・

脱落者1名

Img_7696_1

そして、また脱落者1名

Img_7697_1

今回は、高所恐怖症のはるちゃん、さすがにリタイア。
そして、何を隠そう、旦那さんも高い所が苦手。
そう夫婦そろって、高いところが苦手なのです。

それでも、ここまで付き合ってくれた二人に感謝。
感謝しつつも、せっかくここまで来たのだからと、二人を置いて塔のてっぺんを目指す。。。

着いた!!

Img_7700_1

Img_7701_1

眺め よろし!

Img_7702_1

大聖堂の前の広場のクリスマスマーケットが小さく見えました。

そうそう、「水曜どうでしょう」で清掃員のおじさんが陽気に踊っていた広場も ちゃんと抑えましたよ。(笑)

Dscf1415_1

☆クリスマスマーケット☆

やはり、ケルンでもクリスマスマーケット。

Img_7690_1

ドイツのいたるところで大小様々なクリスマスマーケットが開催されています。
”どこも同じようなものでしょ?”って思っていました。
確かに どこの街でも出店しているお店もありますが、特に食べ物関係はその街でしか出店していないお店があり 各街のマーケットを比べるのも楽しい♪

お店の屋根の上の飾りつけなんかは、その街、その広場で統一されていて これを比べるのも楽しい。
ちなみに ケルンのお店の屋根は こんな感じ(↓)で統一されていました。

Img_7686_1

クリスマスマーケットと言えば、忘れちゃいけないのが、グリューワイン。

グリューワインの他にも ラム酒やノンアルコールのジュースも売られているので、
ケルンではワインではなくて、オレンジ-ラム(オレンジジュース&ラムを温めたもの)を飲んでみました。

ケルン大聖堂の画が描かれた耐熱カップ。

Img_7692_1

これまた、身体が温まる。

☆ケルシュビール☆

ケルンと言えば 忘れてはならないのが 地ビール

『ケルシュビール』

もともと ケルン市民がデュッセルドルフのアルトビールに魅せられて”ぜひ我が町にもビールを!”と ケルシュビールを造ったらしいのですが、濃い色の独特な味がするアルトビールとは対照的なビールでした。

細いグラスに注がれてくるのが特徴。

日本人好みの飲みやすいビールです。ってゆうか、美味しい!

Cimg1330_1

Img_7712_1

700年の歴史がある醸造所『Sion』

ここでも また立ち飲みです。

男性も女性も 昼真っから 立って おしゃべりして ビールを飲んでいる。
いくら昼間から呑んでいると言っても 同じく昼間から呑んでいる大阪の通天閣の前のジャンジャン横丁とは 似ても似付かず オシャレ。
(念のため、、、ジャンジャン横丁は そこはそこで 人間臭くて面白い雰囲気ですよ)

ほんと ドイツ人はビール好き(おしゃべり好き!?)なんだな~と思いました。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

スイス・ドイツ7 ~デュッセルドルフ~

やっと たどり着きました。はるちゃんが住む街、デュッセルドルフ。

はるちゃんがドイツに住むまでは ドイツの町と言えば、ミュンヘン、ベルリン、フランクフルトくらいしか知りませんでしたが、このデュッセルドルフもけっこう大きな市。
ヨーロッパの他の国々へのアクセスにも便利な場所なため 海外企業も多いそうで 日本人はデュッセルドルフの人口の約1%も占めるほど住んでいるそうです。

最近何かの記事で読みましたが、”世界で住み易い街”ベスト10の中にも入っているくらい、安全、交通、文化、教育、環境面などが整っている街だそうです。ちなみにベスト3はチューリッヒ(スイス)、ジュネーブ(スイス)、バンクーバ(カナダ)、東京は30~40位でした。

デュッセルドルフには2泊しましたが、食べて呑むことに夢中で、後で気がつきましたが風景の写真をまったく撮ってませんでした・・・\<(-_-)> 食べ物の写真も光量が足りなかったりで いい写真撮れませんでしたが・・・

☆クリスマスマーケット☆

例外なく、ここでもクリスマスシーズン真っ盛りでした。

Img_7720_1

Cimg1312_1

Img_7658_1

デュッセルドルフのグリューワインのカップは雪だるま。

Img_7659_1

☆地ビール

1日目の夜は 世界のビール飲み歩き!?

まず 最初にデュッセルドルフの地ビール アルトビールを1杯飲む。

Cimg1300_1

みんな 真冬の寒い中 外で立ち飲みです。

寒いのに、人はワンサカいました。

☆スパニッシュビール☆

Img_7656_1

スペイン街(?)なる、スペイン料理屋が集まる通りがありました。

美食家スペイン人がデュッセルドルフで住み始めたが、どうにもドイツの味じゃ物足りない・・・ってことで、自分でスペイン料理屋を開いているとか。。。
はるちゃん夫婦お奨めスペイン料理屋で エスカルゴ、マッシュルームのオイル炒め、イベリコ豚(?)などなど、いろいろと食べましたが、これが実に美味しかった!

☆ギネスビール☆

お次は アイリッシュパブへ。

Img_7661_1

Cimg1317_1

☆キルピッチュ☆

最後は養命酒のようなお酒、キルピッチュでしめくくり。

アルコール度数が高く、喉がカーッとなる飲み物ですが、これを飲むと二日酔いにならないだとか・・・

Img_7662_1

Img_7664_1

☆シューマッハ☆

2日目夜はデュッセルドルフの地ビール醸造直営のレストラン『シューマッハ』で
これぞドイツ料理!をいただく。

Cimg1335_1

Img_7716_1

ソーセージ、豚肉の煮込み、ヴィーナーシュニッツェルっていう
子牛のカツレツ・・・

大きなお肉・・・まさに私の中のドイツ料理のイメージ。

ほんとに美味しかったです。しかし、毎度申しておりますが、量が多い!

このレストランで面白かったのが、ビールの飲み方。

グラスのビールがなくなると、注文しなくても勝手にウエイターがビールが入った新しいグラスと取り替えてくれる。。。”わんこそば”ならぬ、わんこビール!

☆ケバフ☆

3日目のお昼ご飯は はるちゃんの家の隣にあった ケバフ屋のケバフ。

ケバフはトルコ料理ですが、今ドイツでは人気のファーストフード。

Img_7721_1

これ一つ300円くらいでしたが、お腹いっぱいになる大きさです。

本場トルコで食べたケバフよりも美味しかった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな感じで、デュッセルドルフでは はるちゃん夫婦の案内のお陰で美味しいものばかり食べました。だから、私の中では デュッセルドルフは食の町!なのです。

| | コメント (3)

2007年1月10日 (水)

やったー!!

今日は透き通った青空のもと、河川敷にお散歩。

Img_8246_1

トムと同じ色合いの、同じくらいの大きさの、歳も近い Mダックス君に会い、

初対面でしたが、10分ほどお相撲してました。ф(^0^)

何ともまあ 楽しそうなこと。

そのダックス君の飼い主さんのおじさんは、「この河川敷でもこの辺が、一番、風が弱く吹く場所なんだよー」などなど話してくれた。

どうも この河川敷の通らしい。

”よし これは!”と思い 私が去年から気になっていたことを尋ねてみた。

実はこの河川敷の横に去年の11月くらいから ドックランらしきものが建設されていたのです。

Img_8255_1

大きな広場がフェンスで囲まれていて、等間隔に水道が引いてあって、デッキがある。

”これって、ドックランだよなー?(?_?)ゝ”と思っていましたが、なかなか出来上がらない。。。

”もしドックランじゃなかったら、ここは何だろう?工事の資材置き場?いやいや、それにしてはきれいに整地されてるし、、、人間の運動場?にしては微妙に狭い。あっ、じゃあ、何か農作物でも植えるのかな?”などと気になっていたのです。

そのことを、この河川敷通らしき ダックス君のおじさんに尋ねてみたのです。

そしたらですね、答えが「あっ、あれドックランらしいよ」ですって!

ワーイ、ワーイ。\(^0^)/

個人で経営するらしく、その経営者が自分一人で建設しているらしく、のんびり準備を進めていて、オープンは未定らしい。

今日会ったおじさんも話していましたが、この辺はドックランもさることながら、犬とゆっくり遊べる場所が少なすぎる!だから、近所にドックランができるということは、とても喜ばしいこと。

早く 出来上がってほしいな~

何なら”私がお手伝いします!”って挙手したいくらいだ(笑)

| | コメント (2)

2007年1月 8日 (月)

スイス・ドイツ6 ~ニュルンベルク~

ニュルンベルクは古城街道の東端の町。

第2次世界大戦で街の90%が破壊されましたが、昔どおりの姿に忠実に復元され、レンガ色の町並みや石畳の坂道、教会がある雰囲気が良い中世の街。

油絵で描いたような 落ち着きのある色合いの町並みでした。

Img_7608_1

Img_7635_1

Img_7636_1

Img_7634_1

訪れたのは12月1~2日。ちょうどクリスマスシーズンで週末だったため とても賑わっていていました。★彡~~~

Img_7573_1

☆クリスマスマーケット☆

Img_7594_1

ドイツの各都市ではクリスマス前の約4週間、街中がイルミネーションで飾られ、クリスマスグッズの屋台が並びます。

ここニュルンベルクは ドイツで1、2を争う規模らしく、沢山の店が並び、人が溢れていました。

Img_7593_1

クリスマスのオーナメントや 玩具、ドールハウスが所狭しと並べられていて、思いっきり私のツボ!

Img_7595_1

Img_7596_1

Img_7581_1

一つの店舗は 日本のお祭りの屋台と同じくらいの大きさ。

でももし「この一つのお店に1時間いなさい!」と言われても、たぶん平気で居座ることができると思う。(でも、そんなことしたら、間違いなく はるちゃんが泣くね。いや、グレて呑んだくれるね。笑)

こんだけ、ミニチュアグッズが揃ってるんですもの♪楽しいったらない♪

そんなグッズもさておき、ドイツのクリスマスマーケットと言えば、これ!

『グリューワイン』

Img_7577_1

温めた赤ワインにフルーツシロップやシナモンなどの香料を混ぜ合わせたホットドリンク。

身体がジワジワと温まる。(^0^)Υ

味はその店ごとに違っていて、カップも街の名前が刻まれたりしていて様々で、楽しめます。

ニュルンベルクのマーケットのカップは長靴の形をしていて、”ニュルンベルク”の文字が刻まれていました。おかわりする時はこのカップを持っていき、ワイン代だけ払えばよくて、飲み終わったら記念として持ち帰るもよし、返却してもカップ代(2~2.5ユーロ)を返してもらうこともできる。

ドイツの人は おつまみも食べずにひたすらおしゃべりをして立ち飲み。

ちなみに ドイツの人って おしゃべりが好きらしく、長い時間居るわりには おしゃべりに夢中で飲み物が減ってない!

☆ニュルンベルクソーセージ☆

Img_7586_1

普通のドイツのソーセージに比べると小さくて、人差し指くらいの大きさ。

炭火で焼いてあるので、外側はカリッとしていて、中身はジューシー。

ザワークラフト(キャベツの酢漬け)やポテトサラダが添えられて出てきます。

ソーセージは好きな本数を頼むことができ、最小本数の6本を頼んでみました。

これが予想以上に美味しかった!これまた、ビールに合うの!\(^Q^)/

6本でもかなりの満足感でしたが、はるちゃんたら もう一皿追加!隣に座っていたドイツ人もびっくり!”面白い日本人だなー”ってな具合に ニコニコ眺められてました。

でも 胃袋がドイツ仕様になっていたら、私ももう一皿頼みたかったくらい美味しかった☆

うれしいことに、ホテルの朝食にもこのニュルンベルクソーセージ登場!

Img_7598_1

この日は ニュルンベルク駅のすぐ横のシティーホテルに1泊。

部屋の窓からは タモリ倶楽部に出てくる電車オタクが泣いて喜びそうな 景色。

Img_7600_1

電車オタクではないけれど、大きな駅の線路が間近すぎて、私でさえテンションが上がってしまった。。。

こんな 面白い部屋を後にし ニュルンベルク市内散策。

☆聖ローレンツ教会☆

Img_7605_1

Img_7602_1

13~15世紀に建てられたゴシック様式の教会。

外壁の彫刻も素敵でしたが、内部に飾られた沢山の芸術品も素敵!

観光ブックには そんなに大きく取り上げられてませんが、もっと注目してもいいんじゃないだろうか?と思うほど 見ごたえ有り!でした。

残念ながら ここも写真撮影禁止だったので、絵ハガキの写真をどうぞ。

01_1

03_1

私の身長よりもある 大きな彫刻のレリーフ、ステンドグラス、聖母やキリストが彫刻が成された柱。一つ一つが繊細で 感動してしまいました☆☆☆

聖ローレンツにあった芸術品のことを もう少し勉強してもう一度訪れてみたい。

そう思わせる充実ぶりでした。

☆カイザーブルク☆

神聖ローマ皇帝の居城。

Img_7615_1

Img_7622_1 

☆デューラーの家☆

ルネッサンスの画家 デューラーが住んでいた家。

木組みの館で メルヘンチックな建物でした。

Img_7629_1

☆ニュルンベルクも終わり・・・☆

もう一度、クリスマスマーケットを周り、

もう一度、ニュルンベルクソーセージが挟まったパンを食べて

Img_7644_1

昼間から グリューワインを飲んで

Cimg1295_1

ニュルンベルクも終わりです。

Img_7606_1

きれいな街でした。

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

七草粥ならぬ・・・

今日は半端じゃなく 風が強かった!

嵐の海岸にいるような、、、吹雪の雪山にいるような、、、とにかく住宅地に居るとは思えない風の音。ξ=ξ=ξ=(>o<)

トムが恐い思いをしてるんじゃないかと心配になり、少し早めに仕事を切り上げて帰ってきた。

案の定、落ち着かなかったらしく、いつもの留守中は”1,2回トイレをしに起きて、後はおとなしく寝てました”って形跡があるくらいなのに、今日は5回くらいトイレをしたらしい形跡が残っていた。

ちょっとやそっとの風じゃ なんとも言わない玄関のドアが今日は風でガタガタしているし、エアコンの排気口からもビュービュー風の音が聞こえる。

この音に反応して、落ちつかなかったんだろうなー。恐かっただろうなー。

ごめんよ、トム。

Img_8219_1

風が強い日でしたが、今日は1月7日、お正月も終わり。

無病息災を願って 七草粥を食べました。

お陰さまで去年は下痢の一つもせず健康だったトムも ”今年も健康でありますように・・・”と 一緒に七草粥ならぬ、七草ドックフード!

Img_8222_1

トムは こうゆう 大根や蕪っぽい野菜や、葉っぱが好きなのよね。

舌が出てるし・・・(笑)

Img_8228_1

恐かった留守番のご褒美も込めて、さあ召し上がれ!

| | コメント (0)

スイス・ドイツ5 ~ドイツ入国→ノイシュヴァンシュタイン城~

☆スイス→ドイツ入国☆

リヒテンシュタインで1泊した次の日は 一度スイスのチューリッヒに戻り、そこから特急に乗りドイツ入国。

Img_7464_1

Img_7471_1

Img_7470_1

スイスでは 高い山に囲まれたチューリッヒ湖や 家が点々と建つ山などが車窓から眺めることができて 日本とは違う景色のせいか見ていて飽きない。

その景色が隣の国ドイツに入国すると ガラッと変わりました。

Img_7567_1

高い山はなく、少々の丘がある平地。。。

Img_7807_1

なるほど!大泉も”水曜どうでしょう”でコメントしていたけど、これは確かに北海道の美瑛あたりで見ることができる風景だ。

なんだか 懐かしい心休まる風景でした。

☆シュヴァンガウの宿☆

ドイツ入国1泊目の宿は ロマンティック街道の南の端っこの村「シュヴァンガウ」に取りました。

『シュロスホテル・リースル』

Img_7519_1

ここがまた いいお宿。

リーズナブルな値段で 部屋の内装はシンプルですが、部屋からはノイシュヴァンシュタイン城が見えるし、夕飯を食べたレストランからはライトアップされた ホーエンシュヴァンガウ城を眺めることができる。

Img_7561_1

ちなみにここで食べた夕食は 鴨肉ステーキ

Cimg1246_1

これぞドイツの食事!ってくらいに とにかく ステーキがでかい!

付け合せの野菜も多いし、”美味しいか?美味しくないか?”と聞かれたら「美味しい」と答えるのだけれど、いかんせん量がその美味しさを半減させていると思う。残念だ。

朝食は、ブッフェスタイルでパン、ハム、チーズを好きなだけ選べる。

Img_7513_1_1

ドイツの人は1日に1回しか 温かい料理を作らないんだって。だからホテルの朝食もだいたい パン、シリアル、チーズとハムくらいしか並べられていません。

だけど、ここの宿は好きな具を選んでその場で温かいオムレツを作ってくれたし、旅先の便秘対策には欠かせない繊維たっぷりのドライフルーツも盛りだくさん。南ドイツのパン”プリッツェル”(塩味の効いたスナック状のパン)も食べれて大満足。

食事が美味しいと 宿の株って上がるわよね。

☆ノイシュヴァンシュタイン城☆

舌を噛みそうな名前。

ホテル前から馬車に乗って 山の上のノイシュバンシュタイン城へ

Img_7521_1

急な上り坂を馬車で登ること15分。お城に到着。

Img_7526_1_1

シンデレラ城(実は眠りの美女の城という噂もある)のモデルになったことでも知られる美しい城。

1884年にルートヴィヒ2世が建てたお城です。

このルートヴィヒ2世は歌劇の作曲家ワーグナーに心酔し芸術を愛した「もっとも美しい王」と言われた王。その王が建てただけあって、お城は外観も内装も美しい。

残念ながら内部は写真撮影は禁止でしたが、金で飾られた大ホールに置かれた大理石の玉座、金メッキのシャンデリア、「黄金の歌劇の間」と、とにかくキンキラキン☆

成金の趣味の悪いキンキラキンではなく、上品なキンキラキン☆

素敵なキリストやマリア、ワーグナーの歌劇を題材にした絵画が壁一面に飾られていたり、3人の職人が2年がかりで作ったという繊細な彫刻のベットがあったり、当時としては最新設備の温水の出る給水システムや、肉を焼くための自動回転グリルがあったりと、豪華な内装でした。

Img_7529_1

Img_7538_1

綺麗すぎて、写真に撮るとトリックアートぽく見える・・・

☆マリエン橋☆

ノイシュヴァンシュタイン城を眺めることができる橋

お城側から見るとこんな感じ

Img_7542_1_1

わかる?写真の真ん中のちっちゃなのが橋です。かなり高い所に架かっている。

ちなみに 橋から下を見下ろすと・・・

Img_7550_1_1

ヒョエー!!な高さです。w(◎o◎)w

しかも、橋に霜が下りていて滑りそう・・・

今回も高所恐怖症のはるちゃん、頑張りました!

↓端っこを歩けず、橋の真ん中を歩くも、手摺を掴みたい(けど掴めない)はるちゃん(笑)

Img_7556_1_1

肝心なお城の眺めは 逆光でしたが 絶景!!

Img_7548_1_1

お城のバックの村の景色がまた いい感じです。

Img_7557_1_1

☆ホーエンシュヴァンガウ城☆

Cimg1251_1

ルートヴィヒ2世が子供時代を過ごしたお城。ここからノイシュヴァンシュタイン城建設の進行状況をこのお城から見ていたらしい。

ノイシュヴァンシュタイン城からの眺めも 幻想的でした。

Img_7547_1_1

☆おまけ☆

フュッセンのスーパー前に居たジャックラッセルテリア

Img_7562_1_1

スイスでもドイツでもいろんな犬を見かけましたが勇気が無く

「May I take a photograph of your dog?」と声を掛けれず、

つながれている犬の写真しか撮れなかった・・・(T T)

最初の一言が言えたとしても その後に続く会話をする自信がなかった・・・

あー、やっぱり英会話ができるようになりたい!

| | コメント (1)

2007年1月 5日 (金)

福袋♪

福袋。

どっちかって言うと、裏切られる確立の方が多いのですが、袋を開ける好意が楽しくてつい買ってしまう。

今年ボスは2万円の服の福袋を買ってました。中に入っているダウンジャケットだけでも元が取れるとかなんとかで・・・

私も昔は洋服の福袋を買いに2日の朝から並んだこともあったけど、ある日”1万円分、自分で吟味した服を買ったほうが良くない?”と気づいてしまい 最近は食べ物の福袋に走っています。食べ物だと もし裏切られた場合に 食べて無くなるものだから気持ちを持ち直しやすい。

でも今年はなぜか福袋に走る意欲がわかず、ゲットしたのは たまたまデパ地下を通りかかった時に売れ残っていたおせんべいの福袋。砂糖を沢山使った 御節料理を食べていたせいか しょっぱいものが食べたかったのよ。

Img_8195_1

4000円分入っているらしい 2000円の福袋。。。

もし本当に4000円分のせんべいが入っているのだとしたら、お店の人は詰め方を間違ってると思います!”2000円で妥当”と言いますか、、、少なくても”得した!”って気分にはなれず。。。

”今年はもう福袋に手を出すのは止めておこう”と思っていた矢先、見つけてしまいました、犬の福袋!

5000円分のおやつとおもちゃが入っているらしい 2000円の福袋。

ジョーカー系列のペットハートステーションで売られていたので 特別変な物も入ってないだろうし、かなりの重量感。

お買い上げ☆

ドキドキしながら開けてみた・・・

Img_8199_1

まあ、売れ残りっぽいけど、確かに5000円分入っていたし、次から次へといろんなものが出てきて面白い♪

そうこの感覚なのよ!福袋って いろんなものが出てきて面白いのよ!

犬用パスタ、ビスケット、サプリメイト、牛皮、さつまいもクッキー、犬用ミルク、レバー、はちみつボーロ、ミルクステッキ、カテキンが入ったおやつ、わんパン、ぬいぐみる2体、パピー用コング、テニスボールのおもちゃ。

普段目にして気にはなるけど、買おうとは思わないものが多いので、お試し感覚で食べさせることができて これはこれでいいわ♪(これがお店の狙いか?まあよい)

小型犬1頭しかワンちゃんがいない家庭だったら困る量かもしれなけど、うちはワンコがいっぱいいるから、こんだけあってもあっという間になくなるし、1頭のワンコの口に合わなくても他のワンコが食べるから損はしない。

久々に 得した!って福袋でした。

ちなみに この中でトムが気になったものは こちら

Img_8214_1

牛乳パックに入った レバー(?)のおやつ。

封を開けてない状態なのに 異常に興味をしめしているし、日本語表記がないのが 怪しいところですが ペットハートステーションなら大丈夫よね!?

| | コメント (3)

2007年1月 1日 (月)

お正月

あけましておめでとうございます!

Pict4093_1

本年もよろしくお願いします。<m(^_^)m>

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

今年も我が家はワンコ達の世話で始まりました。

ひと段落して、やっとお昼ご飯に御節。

Img_8133_1

前日にお煮しめと焼き豚、なますを作って、

今日はお雑煮、田作り、錦たまご、ごぼうのたたき、栗&さつまいもご飯を作って・・・

と合計5時間も掛かってしまった・・・

頑張ったぞ!私! うん、偉いぞ!私!

自分で褒めないとね、、、誰もわかってくれないのよね。わかるでしょ?奥さん!

でも、5時間掛かったのには訳がある。

人間用と併用して、ワンコ用御節にも挑戦してみたのです。

ジャーーーン!! ☆☆☆

Img_8145_1

お煮しめは、味付けをせず だし汁だけで煮て、

なますも塩もみして 塩抜きして味付けせず、

錦たまごも味付けせず、たたきごぼうも ごぼうに白ごまをまぶしただけ、

くりきんとんは 炊けた栗&さつまいもご飯の具を抜いて、

田作りにいたっては 煮干をそのまま盛っただけ。

かまぼこは購入したので 味がついたままだけど、1年に一度ならいいでしょう!

お煮しめのこんにゃくも小さく切って ねじってみました。

Img_8141_1

こうゆう細かい作業 大好き!

それこそ、犬なんてこんな細かい技なんて わかるはずもないのに・・・

もう完璧 自己満足の世界。

Img_8148_1

以前このブログに書きましたが トムはこんにゃくが大嫌い。

こんにゃくを見ただけでも逃げ出すくらい。

でも 今回は鶏肉と一緒に煮て味が移ったらしく、ペロッとたいらげました。

彩りに!と思って飾りにつけた三つ葉を残しただけ。

Img_8154_1

こんだけ、食べてくれると気持ちいい!作った甲斐があったわ!

ありがたい!

他のワンコ達もペロッと食べてくれた。ほんとうに有難い。

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

そして 御節を食べた後は 初詣へ!

商売繁盛のえびす様が祀られている 神田明神へ。。。

Img_8135_1

夕方といえども さすがに混んでいました。。。

『今年も 健康で幸せに過ごせますように』と 深々とお祈りして

お守りを買って そそくさとワンコが待つ我が家へ戻ってきた。

今って、いろんなお守りがありますよね。

IT守護、犬夜叉守護(?)、かえる守護、カード守護(カードの何を守るんだーーー!?)

”こんだけあると ほんとにご利益あるの?”と疑問に思ってしまいますが、つい買ってしまった。。。ペット守護。

Img_8140_1

ペットの健康と交通安全を祈願している チョーカーになっている御守。

実は 去年もペット御守を買って リードに付けておいたけど、いつの間にか無くなっていた。。。今年は 1年大事に身に付けよう!

『今年一年、健康で 幸せに 楽しく 美味しいものを食べて呑んで過ごせますように!』ちょっと 欲張りすぎかな?笑)

皆さんにとっても 良い一年でありますように!

| | コメント (6)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »