« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月25日 (金)

うだうだルーキー

うちの3男。ルーキー。
カメラが嫌い。
カメラを向けると目を細める、目をそらす、その場から逃げる。。。。
と、なかなか良い写真が撮れずにいます。

Img_4350_1_2

カメラに魂をとられるとでも思っているのか・・・

そんなルーキーは鈍感というか、のんびりしてるというか、だらけてるというか。
良く言えば、穏やか。ってことにしておこう。

チビがルーキーの上に座ろうとしても、避けない。
Img_3639_1

つぶされてから、逃げる。
遅いって!wobbly

フードを食べるのもマイペース。
うちの子達は出された物は食べないと他の子に取られちゃうので、
がっついて食べるのだけれど、ルーキーはこの通り↓

Img_4257_1

だらけて食べる。
全く、危機感がない食べ方。
ウダウダだ。
全然、美味しそうじゃない。
gawk「ちゃんと腰に力入れて食べて下さい!」

しかも、すぐに食べないこともある。
そんなルーキーの食べ残しが、トムは気になって仕方ない。
ルーキーの分だとは、わかっているので、すぐに食べようとはせず、横でお座りしている。

Img_4397_1

前足が今にも動き出しそうだ(笑)

時々、集中力が切れて、ついルーキーの残したフードを食べてしまう。
そんな時、私が「トム!ダメだよ!angryと注意すると、
“あー、そうだった、食べちゃダメな物だったdespairみたいな顔して、
そーっと後ずさりする。

そうすると、ルーキーが「あっ!それ、僕の分だったsign01と思い出したように食べ始める。
いいコンビだと思う。

その二人の行動、動画で伝えたい。
かなり面白いのだhappy01

 

| | コメント (2)

2009年9月 7日 (月)

88歳

私が中学生の時に我が家にやってきた犬
heartフーコheart
雑種の女の子(おばあさん?)

Img_4316_1

18歳になります。
ということは、人間の年齢だと88歳になります。
さすがに雑種は長生きdog

父の転勤で実家で飼うことが難しくなり、10年くらい前から
仙台の叔母の家で、幸せな老後を過ごしています。

今回久々に仙台に行きbullettrain、フーコに会ってきました。
視力も聴力も臭覚も衰えてはいますが、
ちゃんと自分の4本足で歩き、朝晩、ご飯もちゃんと食べてます。
ヨタヨタしながらも、人間の食事をおねだりにきたりもします。

体は丈夫なのだけれど、
ナイーブで環境が変わると下痢しちゃったり・・・
シャンプーやブラッシングは嫌いだけど、
知らない人にでも尻尾を振って撫でられることは大好き。
典型的な中型犬雑種。
年老いても、心底“かわいい”と思えるhappy01

もしフーコが凶暴で、性格が悪かったら、今の私は犬嫌いだったでしょう。
今、こうやって、犬と暮らしているのはフーコがいたからだと言っても過言ではない。
ほんとに感謝だclub

ほんとは今年の夏は越せないかもしれないと獣医さんに言われていたらしいのだけれど、こうやって、元気に過ごしている。
これは、伯母が毎日毎日、朝早くからトイレの時間になったら外に出してくれたり、
(フーコは外でなければトイレをしません)
フーコの体のことを考えて食事をあげてくれたり、
お散歩に連れて行ってくれたり、
私たち家族以上に愛情を注いでくれたからだと思う。
伯母にも ほんとに感謝club

そして、もう一人感謝を言いたい。
フーコと一緒に暮らしている猫のゆきちゃん
Img_4323_1

彼女は犬ぽいdogcat
普通、猫ってお客さんが来ると押入れに入っちゃったり、
高い所に登ってしまうものだと思うけど、
彼女は人懐っこく、寄ってくる。
チビが持っていたミニカーにじゃれついたり、、、
そのじゃれつき方も、猫ってよりも犬。

そんな彼女がフーコにちょっかいを出してくれたものだから、
フーコはボケずに済んだのだと思う。

ゆきちゃん、ありがとうsign01

☆★☆ おまけ ☆★☆

枯葉を食べるチビ
Img_4299_1

「ご飯を与えられてない子」みたいじゃん!(笑)

| | コメント (3)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »