« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

自転車

一昨日のフジテレビ系列で放送されていた3時間の音楽番組、
個人的に気に入りましたnote
視聴率目的のような派手な出演者ではなかったものの、
そこがまたよく、歌唱力とメッセージがある詩ばかりで、
視ていて、とても心地よかったですconfident
震災後、家が流された子供に「今、何がほしい?」「何をして遊んでいる時が楽しい?」
などと、被災者に対して、デリカシーのない取材をしている民放を見ては
うんざりしていましたが、今回の音楽番組だけは”やるな!フジテレビ!good”って感じでした。

我が家は地震の被害はなかったものの
毎日、テレビや新聞で地震に関する記事を目にしては胸が締め付けられる想いで、
何となくテンションが上がらない、この半月down
考えさせられることが沢山ありました。

物事に限りあることや、
人々のつながり、一人一人の力。
当然だと思っていた日常。。。
節電はもちろん、無駄遣いをなくすこと、人を思いやる気持ち、
何から手をつけていいのか、わからないほど、自分に課題がある気がしてならない。

我が家の変化はまず、自転車を購入したことですbicycle
チビが生まれてからは、移動は常に車。
保育園の送り迎えも車でしたが、これを自転車での送り迎えに変えました。
最初は、地震直後の2~3時間待ちのガソリンスタンドの列に並ぶ気にはならずに、自転車を購入したのですが、列がなくなった今はちょっと意識が変わりました。
保育園までの送り迎えで使うガソリンなんて、実はわずかですが、
“塵も積もれば山となる”的な考えで、
自分が使わなかったガソリンが被災地にまわり、
被災された方が病院へ行くためや、食料を購入しに行くことに使われればいい。
そう思うようになりました。
ありがたいことに、チビも自転車が気に入っているようwink

Img_2932_1

よい運動にもなるし、エコだし、今は久々の自転車が気持ちいいclub
ただですね、子供を後ろに乗せて自転車を漕ぐって、
すっごい大変ですsweat01
バランスを取りにくくて、漕ぎはじめや、スピードが落ちた時に転びそうになります。
歩行者よりも自分優先な車や、道幅は十分あるのに、なぜかギリギリの距離で前の自転車を追い越していく自転車。常に危険を感じますannoy
自転車にもバックミラーやウインカーがついてればいいのに~sad

そこでお願いsign01

子供を乗せている自転車を見かけたら、、、
車でも自転車でも、車間をあけて横を通ってください!
いきなり前に割り込んだりしないでください!

今まで車を運転していた自分は気を付けてはいたものの、
たぶん子供連れの自転車にやさしくはなかったな。
こんな些細なことに気が付けて、ほんとうに良かったconfident

地震があってからでは、遅かったのかもしれないけれど、
今までの自分の生活を見直して、日々精進していこうと思う今日この頃。

Img_2945_1
by メルシーの子

| | コメント (2)

2011年3月21日 (月)

地震

地震、怖かったですねthink
ブログもしばらく更新していなかったので、ご心配お掛けしましたが、
我が家は犬も人も無事で、その後も何もなく過ごしています。
地震後に実施された、計画停電やガソリンスタンドの列にて、お店も少々バタバタしていましたが、だいぶ落ち着きました。

みなさんのワンちゃんはどうですか?
中には食欲がなくなったり、狭い所に身をすくめているワンちゃんもいるのでは?
地震が起きた時こそ、トムはクレートの中へ、ルーキーはテーブルの下へ入り、
他のワンコ達は連なるように吠えていましたが、
そのうちに、おさまりました。

私は地震が起きた時はトリミング中でした。
今まで経験したことがない大きな揺れに、戸惑い、どうしていいのやらパニックにsweat01
とりあえず、トリミング中の犬を抱いて、外へ出ました。

地震が起きた時、どうすべきかを 知っていたはずなのに、
実際に起きると頭が真っ白になります。
駄目ですねdespair

幸い、我が家はお店の商品が倒れたり、ファイルが本棚から飛び出たり、飾っていた写真や置物が倒れる、トイレのタンクの水がこぼれるくらいの被害で済みました。
壊れてショックだったものと言えば、宮崎旅行で作った埴輪と3年前に自分で作った陶器のピッチャーが落ちて壊れてしまったことです。
思い出の品が壊れてしまうのはショックですが、
被災地を思えば、ほんとに小さなことです。
地震のニュースを見ると胸がつまる毎日です。
おそらく想像を絶して、精神的にも体力的にも厳しい生活を送っていることでしょう。

私の母は宮城出身なので、宮城にいる親戚がたくさんいます。
中には連絡が取れない伯母さんもいましたが、
先日、無事が確認でき、肩をなでおろしています。

そして、私の妹がそれぞれ岩手と静岡に住んでいるため、
未だおさまらない余震を感じるたびに、震源地がどこか?どのくらいの震度なのか?
とても心配になります。

とにかく、早く余震がおさまってほしいです。
そして、いろいろなものを失ってしまった被災地の方々に
何と声をかけていいのか、難しいのですが、
とにかく元気になってほしいですup

Img_2900_1

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »