2007年2月16日 (金)

セブ島4 ~市内観光~

セブ島4日目は市内観光&ショッピング

Img_8632_1

☆カルボン・マーケット☆

庶民の台所と言われるパブリックマーケット。

Img_8622_1

ここは、盗難などトラブルが多いことで有名な ちょっと物騒なところだったので
サッと雰囲気を味わって買い物はせずに 退散しました。
カラフルな野菜や果物の量り売り、雑貨も激安みたいだし、ちょっとだけの滞在にも関わらず面白い物を見れたので、できればゆっくりしたかったのですが、行ってみるとやっぱり ちょっと恐かった・・・

市場で野菜の切れ端をもらうヤギ(笑)

Img_8623_1

はまるなー無表情のヤギ。
ねっ?これだけでも、面白いでしょ?

子供たちの笑顔も良かった!

Pict2043_1

☆サンペドロ要塞☆

Img_8635_1

フィリピン最古の要塞。
日本軍の占領下だった時には捕虜収容所として利用されていたこともあり
日本もかかわった歴史のある建物。

建物は古い感じのする石造りでしたが、中はきれいに整備されたお庭でした。

Img_8640_1

☆セブ大聖堂☆

Img_8646_1

☆サント・ニーニョ教会☆

Img_8650_1

訪れた時はちょうど誰かが演説(?)をしていて人がごった返していて、ゆっくりできませんでしたが、とにかく上に飾られた沢山の旗がきれいでした。

Img_8648_1

☆タクシー☆

この後 ショッピングセンターに向う為に乗ったタクシー

Img_8652_1

ボロボロのタクシー。
天井についている電気や日差しよけは取ってある(取れてる?)し、
窓の上の方には日差しを避けるためだと思われる黒い紙が貼られていて、
ワイパーなんて途中で止まっちゃってる!(笑)
窓を開ける時も“キューーーッ”って やばい音がしてました。

ちょっとドキドキでしたが、ちゃんと目的地まで送ってくれて、料金もぼったくられなかった。
ほっ。

ちなみにセブでは古くなった日本の車が日本語表示そのままで、ガンガン走ってました。

Img_8620_1

ほんと、日本は贅沢です。。。
修理したり改造すれば まだまだ乗れるんですよねー。
頭が下がります。。。

☆お昼ごはん☆

ショッピングセンターの中にある中華料理&フィリピン料理のレストラン『マジェスティック』

Img_8657_1

チェーン展開されていて、ネット情報でもお奨めされていたお店だけあって、味はなかなか。
なんと言っても『グリーン マンゴー ジュース』が たまらなく美味しかった!
ちょっとすっぱいけど、それ以上に濃厚な甘さ。
忘れられない・・・

Img_8654_1

その後は スーパーマーケットやデパート、専門店が集まる 船橋のららぽーとのようなショッピングセンターでヘトヘトになるまで買い物。
物価が安いので、買い物が面白い!
大人買い(?)ってやつができます♪

Img_8687_1

☆マゼラン記念碑☆

Img_8661_1

あの有名なポルトガル人のマゼランはセブ島で順調にキリスト教を布教させていたが、
この島で酋長との戦いに敗れて息絶えたとか。。。

☆魚市場☆

魚市場で夕食を食べることに。。。
ここは市場で魚を買って、それを調理してもらって食べれるという
沖縄の牧志公設市場みたいな所。

ボスがセブに着いた時から ずっと“食べたい”と言っていたロブスターを食べることに。。。

でも最初に寄ったお店で「ロブスターが食べたい」と言うと
ロブスターじゃない、大きいエビ(たぶんあれはエビじゃなくてカニの仲間だと思う)をロブスターだと言い張るじゃない!
うそ臭い。。。

その後ロブスターがある店を見つけ、「このロブスター!」と決めて、重さを量って値段交渉。でもそのロブスター氷がついていたのよ。その重さも含めて量っていたくせに、最後にちらっと見たら、その店員、ロブスターの大きさは変わらないんだけど、氷が付いてない、私達が選んだのとは別のロブスターを私達用のボールに入れていた・・・
もう“見なかったことにしよう”と思ったのだけど、、、

今度は料理がなかなか出てこない。
私達よりずっと後に入ったフィリピン人のテーブルの方が先に出てきてるし。

やっと出てきた料理はエビの身の部分をニンニクが利いたホワイトソースで和えたグラタン。

Img_8669_1_1

味は美味しかったのよ。
でも、身が少ない!ホワイトソースでごまかしてるけど、断然、身が少ない!
あら?

そして、もう一品として選んだカニはカニで これも美味しいんだけど、食べづらいし、食べる所が少ない!
あれ?

Img_8667_1

これで、いい値段しました。日本で食べるのと同じくらいの値段。
もう、完全、やられた。

隣に座っていた西洋人は英語で苦情をガンガン言ってました。
そりゃ言いたくなるよ。私だって英語ペラペラだったら言いたかったもの。
“地元の人も食べに来ているし、安心”とか思ったけど、たぶん、観光客と地元客じゃ値段も内容も違うのでしょう。

最後の最後に嫌な思い。
アジアでこうゆうことは覚悟しなきゃならないんだけど、それでも最後の夜だけは避けたかった・・・

ホテルに戻り、バーで美味しいトロピカルなカクテルを呑みなおし、やっと怒りはおさまりました。
良いホテルでほんと救われました。

Img_8670_1

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

セブ島3 ~ボホール島~

3日目は セブ島からジェット船で1時間半のボホール島へ!
天気がいまいちでしたが、道をあひるの親子や牛が横切る のどかな島でした。

現地ツアーを申し込んで、またまた、この日も参加したのは私達二人だけの貸切。
日本から日本語で申し込むことができたので、てっきり日本語が話せるガイドさんが付くんだと思っていたら、「イングリッシュ オンリー」だってさ。
しくったー。
こっちが「英語はあまりしゃべれません」って言ったら、ガイドさん、ほんとに何も話さず ひたすら車の運転してるだけ。
わからないなりにも、何か話してくれたら わかる単語だけ拾うことができるかもしれないのにね。

まあ、説明がなくても日本では見ることができない光景とか見てるだけで面白い景色を眺めることができたから いいんだけどね。

☆ロボク川クルーズ☆

Img_8509_1

いかにもジャングルぽい緑色のゆったりした流れの川を船で下ります。

まず船の中でランチ
フィリピン料理を好きなだけ、選べます。
選べるけど・・・・

Img_8496_1

スープとバナナは美味しかったな~(スープとバナナはね(笑))

食事がひと段落すると クルーズの始まり
船の中では おじさんがギター片手に生歌を聴かせてくれる。
私でもわかるようなビートルズやカーペンターズ、などなど メジャーな歌で
クルージング気分を盛り立ててくれました。

Img_8501_1

このおじさん、良い声をしていて、ほんとに歌がうまくて いい感じでした。
これで、下手くそな歌だったら かなりきついと思う。

川沿いにある小屋なんかを見ていると ディズニーランドのジャングルクルーズにのってるみたいです。

Img_8508_1

ちょっと余談になりますが、ここで“ディズニーランドみたい!”って思って わかりました。
ドイツでも何度か“ディズニーランドみたい!”って言葉を発したんです。
それで思ったんです。“ディズニーランドって 日本に居ながらにして世界を旅できる所なんだ”って。(気づくの遅いってね) でも今まで私はディズニーランドってのは空想の夢の国だと思っていたから。。。

Img_8520_1

☆ ターシャ ☆

この近辺の島々にしかいない世界最小のメガネザルの『ターシャ』
手のひらよりも小さい!10センチくらい。
サルじゃないみたい!昆虫?グレムリン?(笑)

Img_8525_1

指をしゃぶりながら寝ている姿なんて チョーかわいいよ。

Img_8533_1

☆ チョコレートヒル ☆

展望台まで急な階段を息を切らして登ってみると不思議な光景が・・・

Pict2025_1

Img_8552_1

ボホール島観光の目玉。
高さ30~40mの円錐形の丘が見渡す限り広がっている。
全部で1200個以上!
どうして、このような地形になったのかは 未だ解明されてはいないのだけれど、貝殻が見つかっていることから海底であったことは確からしい。
乾季はこの丘が茶色くなることから『チョコレートヒル』って呼ばれているんだって。
今時期は、緑色なので『ミントヒル』なんだって。

ここで この旅、最初で最後のアイスを食べました。
『マンゴーアイス』

Pict2026_1_1

最初で最後ってことは1個だけです!
この暑い国で1個だけなんて、めずらしいでしょ!
自他共に認めるアイス好きの私ですが、なんとなくお腹を壊しそうで、、、一個でやめました。

☆ バクラヨン教会 ☆

フィリピン最古の石造りの教会
内側も外側も かなり年季が入った建物でした。

Img_8565_1

Img_8567_1

☆ 血盟記念碑 ☆

Pict2035_1

1565年3月16日(←私の誕生日!!)に すでにセブを統治していたスペインの総督とボホールの首長の間でかわされた同盟の記念碑。

互いの腕をナイフで切り合い、流れ落ちた血をワインに注いで飲み交わしたときの様子のモニュメント。
ちょっと 鳥肌が立ちます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あっという間にボホール観光も終り 17:00にジェット船でセブ島へ戻りました。

Img_8572_1

☆ マッサージ ☆

セブ島に着いて、まず向ったのはマッサージ

Img_8575_1

フィリピンマッサージってのはないのですが、安くマッサージができるということで、タイマッサージへ!

1時間で200ペソ(=450円弱)

安いでしょ?

安い上に、これがまた気持ち良いの!
タイマッサージなので痛気持ち良くて、ってよりもむしろ痛くて“こりゃ、明日は揉まれた所が痛くなるな~”って思ってたけど、次の日、痛みは残っておらず・・・
私の体が悪くて、必要以上に痛く感じたんだろうな~

マッサージが終り、ちょっと道に迷い、結局『トライシクル』という オートバイにサイドカーが付いた乗り物でホテルに戻りました。

Img_8576_1

道がきれいに舗装されておらず、ガタガタ揺れ、埃だらけになります。
“アジア”って感じのアドベンチャーな乗り物♪

この日はホテルのレストランでディナー。

フィリピン料理の『レチョン』(豚の丸焼き)

Img_8579_1_1 

日本の2、3倍の大きさはある 『マンゴーのチーズケーキ』
(正直、この大きさは かるーく気持ち悪くなったけど・・・)

Img_8582_1_1

などなど、お腹いっぱい 美味しいものを食べて ご満悦で就寝♪

| | コメント (2)

2007年2月 3日 (土)

セブ島2 ~アイランドホッピング~

セブ島2日目は『アイランドホッピング』という、1日中南の島を楽しめるツアーに参加しました。
ツアーと言っても、閑散期の平日のため 参加したのは私達二人だけ。
貸切状態で贅沢な1日になりました。

☆シーウォーカー☆

セブ島と言えば ダイビング。海に潜りたい!
でも ダイビングのライセンスは持っていないし・・・
かといって、ライセンスがいらない体験ダイビングにすると たとえ”体験”でも講習が必要でそれに時間が取られてしまい、実際に潜る時間はちょっとになってしまう・・・
と、迷った結果。講習などいらず簡単に海に潜れるシーウォーカーを選択しました。

「OK」と「SOS」のジェスチャーだけ教えてもらい、
宇宙飛行士のようなヘルメットをかぶって海の中へ・・・ブクブクブク・・・

Fh000026_1  

海の底にはシーウォーカー用の手摺がつけられていて、そこを持って歩く。
人魚姫の像なんかも沈んでたりして・・・
心ばかりの演出が面白い!
行動範囲は狭く、岸からちょっとしか離れていない浅い場所なので魚の種類も少ないのですが、魚は寄ってくるし、何よりも水着のまま コンタクトをつけたままこんなことができるのは 楽しい!!

Fh000008_1

シーウォーカーを終えて 一休みした後は バンカーボートに乗って、いよいよアイランドホッピングへ

Img_8467_1

☆ スノーケリング ☆

サンゴの保護区のヒルトガン島沖で ボートを止めて スノーケリング。

Pict1967_1

ここは、正直、シーウォーカーより楽しかった!

10分やそこらで船に上がってしまったボスに代わって、時間いっぱい泳いでしまった。

だって、色とりどりの魚がサンゴの周りをウジョウジョ泳いでるのよ!(興奮)

Fh000006_1

Fh000005_1

写真はイマイチですが、実際この目で見ると ほんと感動です。

ライセンスを取って もっと深いところに潜りたい・・・
ここよりも もっときれいな神秘的な世界が見れるんだろうな~
そんな気持ちが募ってきます。

シュノーケルの後に船の上で飲んだ フィリピンのビール「サンミゲル」
美味しかった~

Img_8398_1

☆カオハガン島☆

Img_8410_1

さらに船は進み 周囲2kmの小島『カオハガン島』へ上陸

遠浅の海岸のため かなり沖まで行かないと思いっきり泳ぐことはできませんが、ゆっくりとボーっとするには良いところ。

Img_8426_1

白い砂浜と青い空にマッチしてカッコいい黒い犬
犬も鎖につながれず、のんびり暮らしていて幸せなんだろうな~

Img_8422_1

ここでは まずバーベキューのランチ。
エビ、イカ、魚、鶏肉、豚肉、、、、そして ビール。
おいし~い!

Img_8431_1

これだけでも、お腹いっぱいで満足なのに、沢山のフルーツと椰子のみジュースまで!

Img_8436_1

マンゴーは 今まで食べた中で一番ってくらい甘くて美味しいの!
ほんと、幸せだよ。

そして、おこぼれをもらいに入れ替わりやってくるワンコ達

Img_8438_1

Img_8443_1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達がくつろいでいたビーチのすぐ横に島の人々の暮らしている村があり、覗くことができました。

強い風には耐えられそうも無い小さな家々

Img_8457_1

オープンエアな村の教会

Pict1978_1

小さな売店

Img_8450_1

チャボ(闘鶏?)が沢山つながれた広場は 見たことが無い光景でちょっと面白かったです。

Pict1977_1

木の枝にロープをぶら下げて ブランコにしている!面白そう!

Img_8446_1

村の子供達をデジカメで撮ってあげて、撮った写真を液晶モニターで見せると大喜び!
「また撮って!撮って!」とポーズをきめてくる。。。
この反応は日本の子供と一緒。(笑)

Img_8464_1

Pict1983_1

私達から見れば物質的に豊かとは言えない生活ですが、島の自然と この子供達の笑顔を見て、逆に私達にはない別の豊かさがあるような感じがしました。

のどかでうらやましいような、でも 色々と考えさせられる光景を見ることができたこと。
とても良かったと思います。

島を離れるとき、子供たちが見送ってくれました。
感激!
また機会があれば訪れてみたいと思えた島でした。

Img_8469_1

☆バナナボート☆

雲行きがあやしくなったため、早めにホテルがある島に戻り、最後の〆はバナナボート。

Img_8472_1

このバナナボートは無料オプションだったので、大して期待していなかったのですが、
ちょうど波が高くなっていた時間で 波の上を跳ねるったらない。
両手でしっかり取っ手を持っていないと投げ飛ばされる勢い。
スリル満点で、めちゃくちゃ面白かったです☆

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*

3時頃ホテルに戻り ホテルのプールで泳ぎ、夕食は今回の旅行のパックについていた日本料理屋の食事券を利用。
”せっかくセブ島に来たのに、日本料理?”と迷いながらも、無料クーポンに負けた・・・
クーポンなので料理は決められていて、『刺身と天ぷらの定食』

Img_8488_1

お刺身の小ささにびっくり o(TヘTo) 泣けました。
この写真、ご飯茶碗が大きいわけじゃありません。他が小さいのです。

お腹が微妙に満たされぬままホテルに戻り、ホテルのシーサードバーへ!

Img_8492_1

ライトアップされた浜辺を見ながらカクテルを呑む。
なんて贅沢なんでしょう!

しかも、生のフルーツを絞って作ってくれて、このカクテルがまた美味しかったの!

『マンゴー マルガリータ』とトロピカルカクテルの女王と言われている『マイタイ』

Pict2000_1

幸せなひとときでした。

| | コメント (1)

2007年2月 2日 (金)

セブ島1 ~セブに到着~

セブに到着したのは夜の7時。
ホテルに着いてそうそう夕飯を食べに出掛けました。

ホテルから徒歩3分の所にあって、現地価格で食べれて、美味しいとネットの口コミ情報でも定評のあった『マリバゴグリル』

Img_8384_1

オープンエアで 南国ムードたっぷりのレストラン。
灯りは薄暗く、一個の東屋に一個のテーブルが置いてある感じなので、テーブルとテーブルの間隔は広く、店員も必要以上にウロウロせず、テーブルの上の鐘をならしてウエイターを呼ぶ仕組み。
外なのにムシもそんなに寄ってこないし、テーブル一個につき一つ、扇風機も付いている。(これ、大事!)
この店の雰囲気だけで、満足。

でも忘れちゃいけない、ここには料理を食べに来たのだ・・・

Img_8380_1

えび、イカ、肉をトマトソースと青唐辛子で炒めたとても辛くてビールが進む「マリバゴ エクスプレス」

「ビーフン」

店員さんお奨めの「スペアリブ」

蝦をニンニクのみじん切りが沢山入ったソースで炒めた「ガーリック シュリンプ」

どれもこれも美味しいの!
これにビール2本飲んで、お腹いっぱいになったにも関わらず、二人分合わせて日本円で約1000円!!や、やすい・・・

安いし、美味しいし、雰囲気は良いしで、さい先の良いセブでの食事スタートとなりました。

☆ リゾートホテル ☆

セブ島で泊まったホテルは『マリバゴ ブルーウォーター ビーチリゾート』

Img_8473_1

Img_8391_1

ここが、また、想像していた以上に良い宿だったのです。
こういった宿はそれなりのお金を払えば泊まることもできるのだと思いますが、
今回私達が利用したパックは「4泊分のホテル+航空券」で6万円。
それで、このホテル!
なので、ちょっと自慢します!

私達が泊まった部屋はスタンダードタイプだったのですが、南国風の2階建ての建物に4つ部屋が入っている形で

Img_8594_1

部屋の中も広めで 木や籐、貝殻の窓のインテリアでまとめられていて南国風

Img_8372_1

テラスも広めで、ここでルームサービスの食事をしてる人もいました。

Img_8588_1

そのテラスからは 夜はライトアップされるプールがある中庭が望めます。

Img_8591_1

広い敷地には4つのレストラン(うち一つは海上レストラン)と2つのバー フィットネスジムや子供のプレールーム、卓球コーナーもあったり

庭にはサメがいる池もあったり・・・

Img_8481_1

緑に囲まれた広い2つのプールがあって

Img_8482_1 

白砂浜のプライベートビーチもある。

Img_8598_1_1

Img_8604_1

Img_8599_1

その沖にはホテル所有の小島があったりして・・・

Img_8595_1

2,3日ホテルから出なくても 十分楽しめる♪

おまけに 庭も部屋もレストランも清掃が行き届いていて、きれい!

スタッフもすれ違うと「ハロー!」「コンニチハ!」とあいさつしてくれて、親切!

細部にわたるまで とことん南国にこだわった造りで 裏切らない!

Img_8613_1

行ってよかったよ!セブ島!
とにかく、このホテルのお陰でテンションが上がりまくりました!

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月)

セブ島へ行ってきました☆

年中無休のボスが「もうそろそろ燃料補給の旅に出たいと」申しまして、ドイツで十分燃料補給をしたばかりの私ですが 便乗して一緒にセブ島へ行ってきました!

クリスマスシーズンのドイツとは正反対の暑い南の国へ!

治安や道路などの整備状況など生活水準を比べると何とも言えないのですが スイスとは正反対に物価が安い!
ドイツへの往復航空券の半分の金額で セブへのチケットとホテル代金がまかなえてしまいます。
これまた、安心して食べられるかどうかの差はありますが、スイスではパン1個を買えるか買えないかのお金で、セブではお腹いっぱい食べて飲めてしまう。

今回の旅も良かったです☆☆☆

青い空と青い海♪

Img_8416_1

Img_8605_1

当たりだったリゾートホテル♪

Img_8614_1

美味しい食べ物と飲み物♪

Img_8435_1

子供達の笑顔♪

Img_8463_1

また、沢山いろんなものを見ることができて、いろんなことを感じた旅になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その間 うちのワンコ達は知り合いの信頼できるブリーダーさんにお願いし、トムは以前から気になっていた成田空港直結のペットホテルへ!

朝晩お散歩してもらい、昼間はドックランで遊んでもらい、普段私達と生活しているより構ってもらえてトムとしても充実していたらしいです。

とても丁寧な対応をしていただき大満足☆
預ける時も 普段の食事やトイレ、性格など細かく聞いてもらい、お世話してくれるのがプロの人だとわかっていて、トムも特別他の犬と違った行動を取るわけでもないにも関わらず、”もっとトムのこと伝えたい!”って思うものです。
”こんな仕草の時は こうしてあげてほしい”とか、預けた後も”ああ、あれも伝えればよかった・・・”とか、「あんた何時間あっても足りないよ!」って言われそうなくらい(笑)

結局そんな飼い主の心配は無駄だったようで、迎えに行くと「排便も状態も良く1日3回、ご飯もすぐに残さず食べ、他のワンコ達とも喧嘩することなく仲良く遊んでいました」とのこと。
これを聞くと、ホッとするものです。
”よくやったぞ!トム!”と褒めてあげました。

でも一つ悔やんだこと。

トムは体のカットはしてなかったのですが、シャンプーや顔周りと足回りのカット、爪切りなどは今月になってからしたので、帰ってきてからトリミングするつもりでいました。
預ける前の日も 念入りにブラッシングをしていました。
しかし、久々に会ったトムはわずか4日ぶりだったにも関わらず ボサボサ
一瞬、トムじゃないかと思った(笑)
いつも見ているとボサボサになってきていることがわかりにくいのよね。
いっそのことトリミングも一緒にお願いしておけば良かった。。。後悔。。。

Img_8691_1

他のワンコ達も 大好きなブリーダーさんにお世話してもらい、特に変わった様子もなく過ごしていたようで何より♪

ご存知の通り我が家はワンコ達がいるため なかなか二人揃って休日が取れません。でも今回、沢山の方に協力してもらい、お陰で楽しい休日を過ごすことができました。
ほんと、感謝です。<m(^_^)m>

| | コメント (0)